違法な闇金のキャンセル料を断る5つの解決方法とは

s378-160428_001

闇金にキャンセル料を払わされそうになっていませんか。払う必要はないと思っても会社に迷惑をかけてしまうかも、家族を傷つけられたらと断れりきれないあなたにキャンセル料を払わずにすむ5つの解決策を教えます。

ちょっとお金が足りなくて借りようとしただけなのに闇金に騙されて理不尽にお金を払わせられそうになっていませんか。

そんな闇金のキャンセル料請求を払わなくて済む5つの方法があるんです。
 
 

闇金からの嫌がらせで毎日泣いています

s266-160428_002

闇金の取り立て電話や脅しは昼夜問わずで内容もなんでこんなことを思いつくのかと思うほどえげつないもの。

  • ・真夜中に何度も無言電話をかけてくるから眠れない
  • ・1時間に30回以上電話がかかってきて仕事にならない
  • ・会社に連絡して給料を差し押さえると脅すしてくるので不安
  • ・子どもの通学中に不審な人物をみかけてというけどもしかして…
  • ・「両親から借りれば払えるだろう」と親が巻き込まれそう

 
闇金の卑劣な点は借りようとした本人だけじゃなく周りをも狙ってくることです。

万が一家族に被害がでてしまったら、会社にばれて出世できなくなったら…なんて思わせることで、本来払わなくていいお金まで支払わせようとされた覚えはないですか?

闇金被害者の中には闇金による脅しから不安で、毎日夜1人になるとずっと泣いてる生活を送っていた人もいるほど、闇金によって先行きが見えない暗い生活は心の余裕も奪い取っていきます。
 
 

闇金にキャンセル料を払うとカモ扱い

s266-160428_003

闇金の脅しにまけたり対処が面倒だからとキャンセル料を払ってしまう人がいますが、それはまったく解決につながりません。

むしろ闇金業者に『簡単に金を払うカモ』だと思われて、その後も幾度となく理不尽な請求が続くことになります。

闇金にお金を払うということは、自分から闇金の被害を受けに行くようなことだと思いましょう。
 
 

闇金にキャンセル料を払わない5つの解決方法とは

闇金からの脅迫を止めて、闇金と関わりのなかった生活を取り戻すための5つの解決策があります。

1人でできるものから専門家の力を借りる方法までありますので、実行できそうだなって思ったものを探してみてください。
 

毅然な態度を見せて払わないと伝える

s266-160428_004

一番手軽だけど覚悟が必要な方法です。闇金からの電話でハッキリと断ることです。

闇金業者はハッタリで「家族がどうなるか分からない」「会社に迷惑がかかることになる」なんて言ってきてるでしょうが、闇金業者も脅迫や暴力行為で逮捕されるような行動はまず起こしません。たった数万のために何年もブタ箱に入ることになりますからね。
 

警察に被害を訴える

s266-160428_006

もうすでに警察に行ったけどムダだった方もいるかもしれません。

警察が犯罪に対して行動する組織ですから、親切な警察官が話を聞いてくれることはあるかもしれませんが『闇金についての相談』では動きません。

警察にすべきは『闇金業者とのトラブルを訴える』ことです。いまはスマホだと通話を録音するアプリもありますから、証拠となるデータを録音したり異常な量の着信履歴を見せるなど、被害を受けていることを訴えることです。

できれば被害届も出しておきたいですが、闇金への注意勧告をしてもらうだけでも闇金からの連絡が途絶えたケースは数あります。
 

法テラスに相談する

s266-160428_007

国民の法トラブルを解決する組織として『法テラス』という組織が闇金への相談を受け付けています。

相談には予約が必要ですが闇金を取り扱う弁護士に相談できますし、解決費用がかかる場合も立替え金制度があるので手持ちのお金が少なくても弁護士に解決を依頼することができます。
 

弁護士会・司法書士会で紹介をうける

各県ごとに弁護士は弁護士会、司法書士は司法書士会があるのですが、そちらで闇金のキャンセル料についての相談や、闇金対応の弁護士・司法書士を紹介してもらうことができます。

闇金問題を扱っている専門家を紹介してもらえるので依頼することで解決が早いですし、自宅の近くや会社の近くの弁護士・司法書士を紹介してもらえるので直接相談に行きたいならこちらでの相談がオススメです。
 

闇金対応の弁護士・司法書士に相談する

s266-160428_005

闇金を扱っている弁護士や司法書士は数が多いとは言えないのですが、今はインターネットでの検索でワンクリックで弁護士や司法書士が探せます。

闇金解決実績の多い法律事務所や法務事務所も見つかりますので、まずは無料の相談窓口を設置しているトコロを探して相談してみるのもいいかもしれません。

電話窓口で相談したり闇金についての対処法を教えてもらったからと、その事務所に解決を依頼しないといけないわけじゃないので、1人で悩み続けるなら詳しい専門家に相談してみることで解決への道が見えてくるかもしれません。
 
 

弁護士に依頼する費用について

弁護士に依頼すると費用がかかりますが、闇金1件につき3万~5万の依頼料がかかる事務所が多いですね。

もっと安く依頼を受けているところもありますが、必要経費が別で請求されることもあるので、相談の際には解決までかかる費用について確認してみたほうがいいですね。

手付金が安くて依頼したのに、闇金との交渉を終えるまでに時間がかかったうえ、何度も相談させられて高い相談料や経費を何度も払わされたなどといったケースもあるので、相場よりもあまりに安い事務所などは注意した方がいいかもしれません。
 
 

闇金のキャンセル料を解決した後で

注意しなきゃいけないのは闇金にキャンセル料を払うか払わないかよりも、闇金という犯罪者にあなたの個人情報が知られているということです。

キャンセル料については解決しても、闇金業者があなたの個人情報を他の業者に売る可能性もあります。

急いで引っ越しなどをする必要はありませんが、銀行口座を解約する、携帯の番号を変えるなどの対処をしたほうが後々のトラブルを避けられます。

こういった問題解決後の対処法についても相談して実行しておきましょう。
 
 

最後に

闇金との関わりはデメリットしかありません。早めに対処しておく事で後々の問題も防ぐことが出来ます。

解決まで時間をかけてしまうことで闇金業者による被害が広がりやすくなりますから、今後も闇金に悩まされることのないようにキッチリ対処しておきましょう。

きちんと対処しておけば、もう一生闇金業者なんて相手を口を聞く必要すらなくなりますよ。

コメントは受け付けていません。