闇金の押し貸しについてのまとめ

20160425-01

闇金がやってくる押し貸しという手口があるんですが、頼まれてもいないお金を勝手に銀行の口座に振り込んで返済を求めるって卑怯なやり方なんですね。そんな闇金の押し貸しの手口紹介と対処法についてまとめました。

突然闇金からのありもしない借金の返済にビックリしてるだけじゃいけません。
早めに手をうたないと「貴方がお金を借りて返してない」ことにされてしまいます。

落ち着いて押し貸しに対処すればあなたの被害はゼロで済ませられるんです。
 
 

闇金から突然電話がかかってきた

20160425-02

いきなり闇金から借りた覚えのない請求がきても、
まさか闇金業者が勝手にお金を振り込んだなんて思わないですよね。

普通の考え方をしていたら、
申し込んでもいないのにお金を貸し付けられて
無理やり返済させられそうになるなんて思いつきもしません。

  • 申し込んだのに忘れてた?
  • 忘れていた借金を請求されているんじゃないか
  • 返済額を間違って覚えてまだ借金が残っていた?
  • 他の人と間違えられてるのでは
  • 闇金業者が手違いをしたんじゃないか?

 
借りていないハズなのに借りてると言われ返済まで迫られて…
頭の混乱はピークになっても答えが出ない、
そんな状況に悩まされてませんか。

何も思いつかないのも当たり前で、
闇金がムリヤリ貸し付ける『押し貸し』という手口が
あなたを襲っているのかもしれません。
 
 

闇金の押し貸しとは

闇金がやってくる押し貸しとは、
融資を頼まれてもいないのに闇金業者が銀行口座に勝手に振り込んできて、
被害者に違法な金利をつけて返済するよう脅してくる手口です。

振り込まれる金額は5千円から3万円と少額ですが、
返済が遅れたとして延滞金を合わせて10万以上も請求されたケースもあり、
突然借金を押し付ける方法というのもあって
押し貸しはかなり強引で悪質な手口です。

実際には口座に振り込まずに被害者の電話での対応をみて
弱気な被害者相手に違法な利息込みで請求する手口と、
何週間も前に口座に振り込んだ後で
利息と遅延金を含めて異常に高額な請求をしてくる手口があります。
 
 

闇金に押し貸しを狙われやすい人とは

20160425-03

闇金もあてずっぽうで押し貸しを仕掛けるわけじゃありません。
振り込んだお金異常に回収できなきゃ手間がかかるだけで儲けがでませんからね。

そんな理由もあって狙われやすいタイプがあるんです。

  • 闇金から借りた(申し込んだ)ことがある人
  • 多重債務者
  • 自己破産している
  • オークション利用などで口座番号を大勢の人に知られてる方

 
なんといっても狙われやすいのは以前闇金に借りたことがある人ですね。

闇金業者の手元に名前や住所、口座番号を含めた個人情報があれば狙いやすいですし、
本人以外への嫌がらせや取り立てなどの手段もとることができるので
闇金業者としてはオイシイ相手です。

また多重債務者や自己破産経験者も
裏で個人情報のリストが出回っている場合が多く狙われやすくなります。

あと意外に思われるかもですが
オークション利用者も狙われやすいと言われています。
オークションの取引の際に教えた電話番号や口座番号が
悪用されたケースがありますので個人情報の管理に注意してください。
 
 

闇金の押し貸しで不安な生活

闇金からの押し貸しをされてしまうと、
ありもしない借金のせいで生活が脅かされることになります。

  • 仕事中に会社に取り立てに来たらどうしよう
  • 夜中にも返済をさせようとする電話がかかってきて眠れない
  • 不安なせいで夜中に起きてしまう
  • さらに知らない間に借金を増やされたらどうしよう
  • 借りてもいない借金をなんで返さなきゃいけなくなってるのか分からない

押し貸し被害者の中には今も闇金からお金を借りている人も多いですが、
闇金への返済を終えてこれから生活を立て直そうとして努力しているのに、
押し貸しされて理不尽に闇金から返済を求められて苦しめられる
被害者も少なくありません。

やっとつかんだ穏やかな生活が脅かされる恐怖は
想像を絶するものです。
 
 

闇金からの押し貸しを解決できないわけ

押し貸しはかなり強引な手口ですが、
被害者としても断れない理由があります。

振り込まれたお金を使ってしまって返せない

今も借金をしている人の場合、
口座に入金されたをすでに余所への返済に使ってしまったり
生活費にまわしてしまって、
振り込まれたお金の元金すら返せないと強く断れません。
 

闇金業者からの電話が怖くてつい言うことを聞いてしまう

闇金に何度も脅されていると理不尽な要求だと分かっていても従ってしまうほど
抵抗する気力が奪われてしまいます。
こういった精神的に追い詰められた状況になると
本人には解決する力はすでにありません。
 

家族に借金があるのを知られたくない

家族に黙って闇金からお金を借りているので、
押し貸しで借金が増やされても誰にも相談できずに悩み続けてしまうことになります。

勤め先にバラすと脅される

申し込み時に会社名などを書かされているケースだと
勤め先に電話をしてきたり、借金についてバラすなど
闇金業者が脅してきます。

会社を辞めさせられるんじゃないか、出世できなくなる
会社へ迷惑をかけてしまうと思うと逃げれなくなるんですよね。
 
 

闇金の押し貸しへの対処法

電話で押し貸しされても銀行口座に入金がされてなければ、
返済を求められてもはっきりと断って
以降は闇金業者からの電話を放置してもかまいません。

強気で断ればしばらくは連絡が続くかもしれませんが
いずれおさまることが多いです。

ただし実際に銀行口座に入金されてしまった時は
そのまま放置したままではいけません

不正な入金を黙っていたり勝手に使ってしまうと
闇金からの押し貸しに悩まされるだけじゃなく、
闇金業者との取引があるとみられて口座を凍結されてしまう危険があります。
 
 

闇金の押し貸しの3つの相談先

押し貸しされた時に相談した方がいい3つの相談先を紹介します。
 

銀行に相談

振り込まれた口座のある銀行の問い合わせ窓口に相談しましょう。

「○月○日の○時に闇金から不正な入金があったけどどう対処すればいいか分からない」
と伝えれば銀行側からどうすればいいのか教えてもらえます。
 

警察に相談

闇金から押し貸しされても
実際に被害が出るまで警察が動いてくれることはほぼありませんが、
不正な入金があって闇金から脅されたことを相談して
相談実績を作っておきましょう。

後で闇金融とのトラブルに巻き込まれた時に役立つかもしれません。
 

弁護士・司法書士に相談

闇金業者との交渉をする必要がある時に心強いのが
闇金問題に強い弁護士や司法書士になります。

法テラスや弁護士会・司法書士会に紹介してもらったり、
ネットで探してもいいので、闇金対応の弁護士か司法書士に相談しましょう。

特におすすめなのは闇金専門の窓口がある弁護士事務所もしくは司法書士事務所です。

年中無休で受付時間も24時間対応の相談窓口が開設されている事務所も多く、相談するだけなら時間を気にしないで無料でできるのがメリットです。

相談したからといって解決を依頼しなきゃいけないワケでもありませんから、
どうすればいいのか分からなくなった時には心強い味方になってくれますし、
解決を依頼することで費用はかかりますが
闇金との交渉を全て任せることも可能です。
 
 

押し貸しされたお金はどうすればいいか

20160425-05

押し貸しで入金されたお金については手をつけないでください。

融資の契約もしていないお金ですから、
あなたが借金したわけではないので利息を払う必要も返済する義務もありません。

ですが振り込んだお金を使ってしまうと
借り入れを認めたことにされるかもしれません。

闇金業者が不正に振り込んだのではなく
振込先を間違えて入金してしまったと銀行に説明したら
返金しないといけませんし、
訳も分からないうちに手をつけるのはデメリットしかありません。

せっかくのお金を返してしまうのは惜しいと思うかもしれませんが、
あなたには関わりのないお金だと思って専門家の指示に従いましょう。
 

押し貸しされたお金を使ってしまったら

闇金からの入金に気が付かずに買い物をして使ってしまったり、
他社への返済に払ってしまったら、
万が一振り込み先に返金しなきゃいけなくなったら
不足金額分を返す必要がでてきます。

ただし借金ではないので額面通りに返すだけで
利息や延滞金を払う必要はありません。
 
 

最後に

借りたはずのない闇金からの脅しの連絡がきたら不安になるのも当然です。
さらに通帳をみたら覚えのないお金がはいってたら
何が起きたのか分からずにパニックになってしまうかも。

ですがそんな時こそ気持ちを落ち着けて冷静に行動しましょう。

専門家に相談することでどんな行動をすればアドバイスしてもらえますから、
あなたはそれに従って行動するようにするだけでいいんです。

コメントは受け付けていません。